akihabarahills.com - 秋葉原ヒルズ.com
アメリカ渡航重要情報 - 資金管理
[PR] CyberCiti社長日記 [PR] 海外格安航空券なら秋葉原ヒルズ
[PR] Jalan Minaki [PR] CyberCiti社長日記2
アメリカ渡航重要情報
Important America Travel Information

メニュー
秋葉原ヒルズTOP

はじめに

格安航空券

ビザ

渡航に必要なアイテム

GSM携帯電話

資金管理

ホテル・安宿

インターネットカフェ

フォト

資金管理
 アメリカではパスポートのみで入国された方、つまり観光ビザの入国者が現地の銀行の口座を開設するのは非常に難しいです。アメリカではかなりクレジットカードがどこでも使えます。マクドナルド、地下鉄(SUBWAY)ではサインなしでカードを通すだけで飲食、チケットの購入ができます。またホテルもインターネットで予約するほうが安いところもあり特にニューヨークに渡航を検討されている方はクレジットカードを持つことをお勧めします。クレジットカードであればほとんどの海外の銀行でも現金を引き出すことが可能で海外で無駄のない現金の引き出しが可能です。
 できれば海外障害渡航保険が付帯しているクレジットカードも多くあるのでそれらのカードを海外旅行をするなら持つべきです。私は実際シンガポールでデング熱という血小板がなくなっていく病気に感染して病院で20万円飛びました。私は東南アジアがダメのようで日本では病院なんてほとんど行ったことがなかったがシンガポールのわずか1年で3種類の病気にかかり合計30万円ほど払いました。クレジットカードがあれば日本を出国してシティバンクの場合は3ヶ月保証します。
 私が3月1日に成田空港に帰ってきたときも東南アジアでデング熱を警告していました。日本人には免疫がないため病気に感染する可能性が高いと思われます。そのためにも毎回保険に加入して渡航する必要のないクレジットカードの保険が圧倒的に便利です。ただしシティカードの場合では現地の交通機関、電車、タクシーなどで1回クレジットカードで支払ってから保険が有効になるので注意しましょう。
三井住友VISAカード緑4


クレジットカード

シティバンクカード
年会費永年無料のカードからノースウエスト航空のマイレージを100円につき1マイル貯まるノースウエストシティワールドパークスVASAカード,学生向けのシティStudentカードなどいろいろなカードを取り揃えております。ニューヨークを拠点とした銀行で世界の主要都市には支店があります。また電話による日本語の通訳も必ずおりトラブルに巻き込まれたときなど円滑に対応してくれます。
 また海外障害渡航保険も付帯しており年会費永年無料のカードで日本を出国してから3ヶ月有効で、傷害死亡(1000万円)、傷害後遺傷害(3000万円)、傷害・疾病治療費用(100万円)、携行品損害(30万円)、救援者費用(50万円)、日本国内の場合でも公共交通乗用具搭乗中傷害事故(3000万円)、宿泊火災傷害事故(3000万円)が保障されております。永年無料のカード以外のカードは保険の条件がさらにいいのでぜひ参考にしてみてください。

NICOSカード
私も実際持ってるクレジットカードです。海外旅行中の病気やケガはもちろん、カメラ等の携行品が盗まれた、あるいはホテルのカーペットを汚してしまった場合の損害賠償にも適用されます。また国内で自動車の故障などによるトラブルに対応しておりレッカー移動10kmまで無料などその他鍵を車の中に入れたままロックしてしまったときも無料で対応しています。保険に関してはかなり強いカードです。もちろん海外でお金の引き出しも可能です。シティーカードもいいですがNICOSもぜひ持っておきたいカードです。私はシティとNICOSを持っています。

イオンカード

その他
★☆《年会費無料》Zガンダムファン必見!オフィシャルクレジットカード誕生☆★
OMCカード エルアンコールカード
オリコカード
東京ディズニーシー(R)JCBカード
NSF・ニコスカード
おトク!出光まいどプラス